スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縫製手順書

ネットなどでパターンを購入しようとすると
「レシピ」という文字を良く目にします。
私のにとって「レシピ」というと料理を連想させる言葉で、洋裁とはかけ離れたものと感じます。

この「レシピ」。
学生時代は作った作品と一緒にレポートとして提出していました。

生地の特徴、縫い目、針目のサンプル。
それと「レシピ」。
縫製手順書という名前でした。
もちろん提出物の中には、4分の1で作図した製図も一緒でした。
これは実物大で作図した物からシーチング等で型出しをして、
仮縫いした物を試着補正して作図も補正するので、
提出する4分の1の作図はきれいなものでないとダメでした。

文化式新原型になった時はそれはもう戸惑いました。

今までの概念を覆されるのですから www


で、本題にもどりますが、この縫製手順書。
作ってみました。

字はもちろんPCで打ちますがイラストは4分の1n定規を使ってのものになります。
4分の1で書いたものをスキャナーで読み込む訳です。
正確にはまだ出来てないんだけど…。


今まで服を作ってきたので自分なりのやり方や手抜き(言い方悪いかぁ)の仕方があり
ちゃんとした初心者でもわかりやすいものってなかなかできないんです。
ちゃんときっちりしようと思うと面倒な作業が多すぎて初心者向けではなくなる。
かといって、省くと分かりにくいものになってしまう。

書籍などで販売されているものはいかに考えられて効率良く作られているのかと感心しました。
なので出版元によって、書き方や手順が違っているんですね。
おもしろい!!

私も色々とやってみようと思います。
自分の軌跡もありとても楽しい作業になりそうです。



クリックして戴けるととっても嬉しいです。

広島ブログ


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ




comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

★arreST★

Author:★arreST★
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ポチっとな。

クリックして戴けると嬉しいです!!

広島ブログ

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。